SF

<今日のユメ>

ETみたいな宇宙人と一緒にいる。

ペットなのか友だちなのか分からないけれど、
『空色クッキーズ』という名前で呼んでいる。

空色クッキーズは喋ったりしない。
私と一緒に体育館で遊んでいる。

けれど、時間が経つにつれて、彼の姿が変貌していく。

顔は土色でシワシワになり、身体は痩せこけ、
お腹が怪物の口のようになり、アバラが歯に見えてくる。

(心の中で『寄生獣』(マンガ)みたいだと思う。)

その頃には『空色クッキーズ』ではなく、
顔が土色だからか、『カリカリ』と呼んでいる。

私はカリカリが、いつか人を食べるような気がして怖くなる。
(寄生獣のマンガでは、寄生獣という生物が人間を頭からバツン!と食べるんだ。
 そんな想像をする。)

人から離れて、私たちは洞窟にいて、
弱っていく彼を私は見ている。

カリカリ、バイバイ。
空色クッキーズ、バイバイ。
バイバイ。
[PR]
Commented by まち at 2010-11-01 19:18 x
きょわい。。ちょっとかなしい。。
Commented by ayajijo at 2010-11-01 22:54
*まち

何かここ数日、ちょっと悲しい夢が多いよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ayajijo | 2010-10-30 22:45 | ユメ | Comments(2)