キンカンニッショク

宇宙規模の影絵現象が日本であったことを知らずに、
イタリアの小さな街で影絵の勉強をしてた。

昨日、今日と晩御飯を食べるのを忘れてる。

私ともあろう者が、こんなこともあるのだね。

昨日と今日はお通夜とお葬式に行ったんだ。
そうだった。

棺の中にキンカンニッショクの写真が入ってたことをふと思い出して、
私はそこで初めて、キンカンニッショクがどんなだったかを見たのだった。

それから棺の中に花を入れようとしたらその花が動いていて、
あれ?と思ったけど、それは私の手が震えてるのだと分かって、
何だか妙な感じがしたのだった。

・・

色々考えて眠りにくい、
こういう真夜中は、誰かが側にいてくれたらいいのになと思う。

喋れるトカゲとか、
ちっちゃいおばさんとか・・。

見渡しても誰もいなくて、
ふとそこにいた手の影で私を撫でてみたよ。
[PR]
by ayajijo | 2012-06-05 03:57 | ヒトリゴトのようなもの