スの国へ~旅立ち前に1~

一週間後にスウェーデンに行きます。(理由は前記事「4月と旧同居人くん」をご覧ください☆)
旅立ちを前に、母から電話があった。
世界は今不穏な空気に包まれている。
それを心配してのことだろう・・

母「あんた、毎度のことだけど、お金落とすんでねぇよ。」

う・・恥ずかしい。いい歳をして、まだこのような心配をされている。

私「落とさないよ、大丈夫。」

母「そう言ってあんたは落とすんだから。」

私「大丈夫だって。」

こんなやりとりが私が生まれてこの方、母子関係の中で何度繰り返されてきたことか。(過去の一例)

以前私が電車の切符をジャンバーの袖口(折れた所)に挟んで、
「おお、これは便利だ。手に持たなくていい。」と母に見せびらかしたところ、
「あんたそんなことやって、また落とすんだから止めなさい。」と言われた。
「大丈夫だって。落とさないって。」

と言った20分後に私は切符を落としていた・・
・・信じられない。
何故私は何度もこんな事をしてしまうのだろう。
これが幼少期の話ならまだしも、去年の事なので我ながら本気で呆れる。

私の人生を思い返すと、色んな物を落としてきた。
お金、財布、切符、鍵、帽子、手袋、コート、そして、あの人の心・・(誰や)
何故皆私の手からすり抜けてゆくのだろうか。
しかし忘れ物はこの比ではない。

落し物と忘れ物。これが私のルーティーンです、くらい繰り返し、
それでも懲りずにまた遠出する私に母は言う。

「あんたは本当絶っ対落とすんだから、股のとこにでも縫い付けていきなさい!」

「いや、それはゴワゴワするからしないし。あとお金使うたび股ごそごそしたらおかしいし。」と私は見事に言って逃れ、
何とか今は他の落とさない方法を考えているところである。

父は世界情勢から、電話の向こうで私の安全を気にしてくれていたようだが、
母に「一応保険高めに掛けてから行くわ」と冗談半分で言ったら、
「受取人は私か?」と本気半分で答えていた。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ayajijo | 2016-03-28 23:39 | スウェーデン | Comments(0)