なにかにつけて書く

先日、友人がエッセイを書いて【文学フリマ】というイベントに出店していた。

私は彼女(数年前に文章表現WSで出会った)の文章が好きで面白く、
また彼女の書く字がとてもキレイなので憧れている。
(私は未だ鉛筆が正しく持てず、字の書き方が定まらないでいるのだ。)

この文学フリマというのは全国各地で開催されていて、各々が書いた小説やエッセイなどを本にして販売や宣伝出来るイベントのようで、今回京都で開催され、友人が教えてくれたので行ってきた。

私はエッセイが好きなので、そういった本が面白そうだったら買おうとワクワクしていたけれど、エッセイの類はほとんどなく大体が小説で、それでも立ち読みコーナーで興味の湧いた本を友人のも含めて3冊購入した。

一冊は友人のおすもうエッセイ、250円。
もう一冊はちょっと不思議な短編小説、100円。
もう一冊はアラスカ旅行のイラストエッセイ、600円だったか。

この3冊どれも気に入っている。どれも何度か読み返している。
そして私も何やら刺激を受けたり何やら反省したりして、何やら書きたくなった衝動で先日ブログを久々に更新してみた。

私も出来たら来年、
この文学フリマで過去のクレイジールームシェア生活&旧同居人くんとのクレイジーヒストリーなど書いたエッセイを手作り本にして参加したいなぁと思い、今から文章書き慣れと訓練しようと思います。
他愛のないことでも、まずは書く書く。

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ayajijo | 2017-02-02 00:28 | 日々 | Comments(0)