一週間後にスウェーデンに行きます。(理由は前記事「4月と旧同居人くん」をご覧ください☆)
旅立ちを前に、母から電話があった。
世界は今不穏な空気に包まれている。
それを心配してのことだろう・・

母「あんた、毎度のことだけど、お金落とすんでねぇよ。」

う・・恥ずかしい。いい歳をして、まだこのような心配をされている。

私「落とさないよ、大丈夫。」

母「そう言ってあんたは落とすんだから。」

私「大丈夫だって。」

こんなやりとりが私が生まれてこの方、母子関係の中で何度繰り返されてきたことか。(過去の一例)

以前私が電車の切符をジャンバーの袖口(折れた所)に挟んで、
「おお、これは便利だ。手に持たなくていい。」と母に見せびらかしたところ、
「あんたそんなことやって、また落とすんだから止めなさい。」と言われた。
「大丈夫だって。落とさないって。」

と言った20分後に私は切符を落としていた・・
・・信じられない。
何故私は何度もこんな事をしてしまうのだろう。
これが幼少期の話ならまだしも、去年の事なので我ながら本気で呆れる。

私の人生を思い返すと、色んな物を落としてきた。
お金、財布、切符、鍵、帽子、手袋、コート、そして、あの人の心・・(誰や)
何故皆私の手からすり抜けてゆくのだろうか。
しかし忘れ物はこの比ではない。

落し物と忘れ物。これが私のルーティーンです、くらい繰り返し、
それでも懲りずにまた遠出する私に母は言う。

「あんたは本当絶っ対落とすんだから、股のとこにでも縫い付けていきなさい!」

「いや、それはゴワゴワするからしないし。あとお金使うたび股ごそごそしたらおかしいし。」と私は見事に言って逃れ、
何とか今は他の落とさない方法を考えているところである。

父は世界情勢から、電話の向こうで私の安全を気にしてくれていたようだが、
母に「一応保険高めに掛けてから行くわ」と冗談半分で言ったら、
「受取人は私か?」と本気半分で答えていた。

[PR]
by ayajijo | 2016-03-28 23:39 | スウェーデン | Comments(0)

4月と旧同居人くん

昨年4月から半年ほど一人の青年とシェア生活をした。旧同居人くんのこと

その旧同居人くんについて、今まであった色んなエピソードを書き溜めている。
いつかまとめて冊子にしてみたいという思いもあり、エピソードを思い出しては書き、
また新たにおかしなことが起きてはメモしている。
ザッと上げるだけで50くらいは書けるネタがある・・

彼と知り合った当初を思い出すと、野良犬というイメージがしっくり来る。
汚れていて痩せこけていて、警戒心が強くてすぐ噛み付く。
それでいて人に本当は甘えたくて、唸りながら尻尾を振って付いてくる・・といった感じ。

日韓ハーフでスウェーデン育ちの彼は複雑な生育環境にあり、
思春期から成人までを精神病院で暮らしていたという。
今も沢山の強い薬を飲んで、気持ちや体のバランスを取っている。

当時韓国に住んでいた彼を、昨年4月に「日本においで」と誘ってみた。
当時彼は日本への強い憧れがあり、日本は自分を救ってくれると言っていた。
まだ日本のこともそんなに知らないのに、そんなのは妄想に違いない、と思った私は、
それじゃまずとにかく日本に住んでみたらいいと、彼を招くことにした。

それから彼との奇妙なシェア生活が始まった。

英語とスウェーデン語が主体の彼に対して、私は日本語と擬音。
それでも何とか成り立ったのか成り立ってないからうまくいったのか、
3日に一回の頻度でバトルしながら、二人の間におかしな信頼関係が生まれた。
好みのせいか年齢差か、始めからお互い恋愛感情に至らずに生活出来たのがよかった。

彼が日本で長く暮らせる方法を二人でとにかく模索し、
何の道も見つからなくて途方に暮れた。何度か泣きながら神様にお願いしている姿を見て胸を打たれたりした。
父親が日本人なのだから、きっと何処かに生きていて、
子どもだって認めてもらえたら日本に住めるのに。
大人はあまりにも身勝手で、それにより生まれ捨てられる世界の子どものことを考えたりもした。

そうして途方に暮れつつしているうちに彼はいつの間にやら素敵な女性と恋に落ち、
多くの状況を理解した彼女は、一気に結婚に向けて進み出した。
今では彼女のお腹に子どもがいて、先日身内だけの結婚式を挙げて、
私は一人、新郎側の親族としてなぜか参加させてもらったのである。
記念に撮った私と旧同居人くんの2ショットが不思議と顔が似ていて、
私たちは母子なのか?いやせめて姉弟だろうと話した。

人生はドラマチックだ、なんて思ったりもするけど、
彼の乗り越えてきた人生を思うと、自然とドラマチックになった訳でもない。
多くの彼のような孤児としてヨーロッパで育てられたアジアの子どもたちは、薬物に溺れたり自殺をしてしまうこともあるという。

彼に出会ったことで私にも色んな変化が生まれた。
彼とのシェア生活は、とにかく面白かったけど面倒なことが多過ぎたので、
一人になったときは喪失感と開放感が同時にやってきた。
よかったと思うのは、本気でぶつかり合ったことだと思う。
そんなこと、なかなかしないし、したくないと思って生きてきたのだが、
食うか食われるかみたいな状況で、ごまかしなど利かなかった。

野良犬みたいだった彼は今は美味しいものを沢山食べて少しお腹もぽっこりして、
人懐こく笑うようになった。
怒ると噛み付いてくるところはまだ治らないけど、噛み方や力も少し変わってきたように思う。

彼はこの4月、スウェーデンに数年ぶりに帰国する。
日本での色んな変化による手続きと、唯一血の繋がりのあるお姉さんと、義理のお婆ちゃんに会うのだという。
幼少期からのトラウマから脱したくて離れたスウェーデンだったようなので、
帰ることに少なからず抵抗があるようだ。今回の帰国は勇気ある一歩でもあり、一つ大きな成長にもなるだろう。

・・・

・・ってかそんで・・そんでよ。

勇気ある帰国だね!と思ってたら・・
ああ僕は不安で押しつぶされそうだ~!って言って、
一人で帰るのは怖いよう。だからお願いだから付いて来てくれよう!って言い始めて。

いやまず私本気でお金ないしっつって、
部屋数あるアパートを借りるから、そこに滞在できるから!って言って、
いや3週間くらい行くっていうし、私だって忙しい身だからさ、
スケジュールそんな空いてるわけないよって見たスケジュール帳が見事に真っ白で、
あ、行けんじゃね?ってなって、
4月って言ったらそろそろ還付金とか戻ってくるから、
あれれ、行けなくもないんじゃね?ってなって、

で、そういう訳でして・・・

4月から3週間ほどスウェーデンに行くことになりました。
何の用もないしお金もないのに!!旧同居人くんの”気休め係”として・・

ちなみに妊婦の奥さんは行けない為、
奥さんからも「あやこさん(私)が一緒に行ってくれたら私も安心なので、大変だとは思いますが(笑)よろしくお願いします!」と。

まずスウェーデンのことを全く知らないので、どうなることやら。
それにしても、人の出会いって変で面白いな~と思う春です。
ではまた旅のご報告をそのうち・・

「スウェーデン 国旗」の画像検索結果

[PR]
by ayajijo | 2016-03-23 00:13 | スウェーデン | Comments(1)