<フランス~シャルルビル・メジェール>

シャルルビル・メジェールの街ではマリオネットなどのストリートパフォーマンスの他に、
町中を色々な謎の生き物たちがウロウロしてる。
こういうのに出会えるとワクワクするね。
b0192991_14251605.jpg
大きな恐竜三兄弟。踊って最後にお尻からオナラクラッカーを出す。
(中にはスペイン人のイケメン三人が入ってました♪)

次に
b0192991_14235180.jpg
森の奥からやってきた不思議な人たち。(オレンジジャンバーの方は違います)
b0192991_14241382.jpg
あれ?でももしかして・・
b0192991_14242810.jpg
あ、やっぱり皆不思議の森の人でした。再会の図。(不思議の森の親方、顔出し許可ありがとうございます!)

他にも
b0192991_14260642.jpg
ハーメルンの笛吹きに連れられていくネズミたち。
b0192991_14334134.jpg
途中で子どもたちをさらって行く!

b0192991_14254794.jpg
ネズミたちは踊ったりしながら排水溝を見つけては「ママ~!パパ~!」と家族を探しているようだった。いつか会えるといいね。

ネズミたちはパン屋さんから出てきたおじさんが持っているフランスパンをちぎって齧ったり、車に無理やり乗り込んだりイタズラしまくってました。
でも町中がフェスティバルだから、そんなことも皆笑って楽しめる☆

さて、いよいよ私たちもロジョーパフォーマンスだ!

[PR]
# by ayajijo | 2015-11-01 14:40 | 旅2015 | Comments(0)

<フランス三日目〜シャルルビル・メジェール>

朝食は宿泊先のマルボンヌさん宅でフランス風朝食を頂く。
3種のパンとバタージャムと紅茶とヨーグルト
この食事を5日間いただくのだが、これがとても美味しかった!
シンプルだけど毎日、今でも食べたいくらい美味しかった。
毎日私たちの出発時間に合わせてマルボンヌさんが用意してくれるのだ。
メルシーボクー。
(でも一回だけ紅茶のお湯をもらって即席味噌汁(持参のやつ)を飲んだ。これは日本で飲むさんばい美味しかった。)

さて、この日は路上パフォーマンスの申込みに朝一で人形劇フェスティバル本部に交渉に行くのだが、それは改めて書くとして、色々路上でも人形劇を見たので綴ります。

b0192991_11553195.jpg
有料公演の劇団写真、日本は乙女文楽さんが来ていました。
b0192991_11545202.jpg
本部前で休憩?犬?
b0192991_11581769.jpg
イケメンによるマリオネット(路上パフォーマンスはマリオネットが多かった)
b0192991_11585745.jpg
淑女たち
b0192991_12002530.jpg
内蔵舞台
b0192991_12141733.jpg
私とアキさん(顔は素顔です)
おや・・?
この中心人物、どこかで以前お会いしたような気が・・
あの・・前に会ってません??

あ、会ってました。
4年前、同じ場所で!!
ずっとここにいたんだね。
久々の再会。少しくたびれている様子でしたが、存在感はバツグンでした。

ここでは色んな人や人形やヘンテコな生き物たちに出会えるね☆

他にも色々見たので続きます。

[PR]
# by ayajijo | 2015-10-14 12:35 | Comments(2)

<フランス二日目?>

パリ東駅からChampagne Ardenneという駅で乗換えをして、
シャルルビル・メジェールに到着!

(到着写真を乗せたいところですが自分が載っている為自粛。ほら、お食事中もいるかもしれないし・・)

一文無し状態で行ったのでしたね。友人にはお世話になりましたね。

さて、駅から少し歩いて人形劇の会場へ。
大きな広場に大きなたまねぎ?が!
b0192991_13065558.jpg
これが一体何になるのか楽しみにして次の日行ったら、既に撤去されていました。
恐らくこの日の夜のうちに何かが起きたのだろうか・・
「見たかったね・・」とうなだれる私にアキさんは、
「違うよ!あれはちょっと壊れていたんだよ!今直しているんだと私は思う!」と、
根拠の無い強い信念で私を励ましてくれたのでした。
ありがとう。いつか直ったらまた見に行こう!

着いたのが夕方だったので、少し路上の人形劇などを横目で見つつ、
夜はレストランでピザを食べ、宿泊先へと向かうのでした。
b0192991_13115120.jpg
一人前が多いので、4人で2枚(それでも多かった)

宿泊先は、この時期街のホテルは一年前から埋まっちゃうみたいで、
どこも満室だったので、Airbnbというサイトから予約して一般の方の家に泊めてもらいました。

私とアキさんは比較的会場から近いマルボンヌさんという老夫婦の方のアパート。
親方夫妻は結構遠いところの若夫婦の家。

マルボンヌさんのアパートはとても清潔で毎日朝食(フランス風)まで用意してくれました。
b0192991_13171001.jpg
ここに五泊しました。

マルボンヌさんは笑顔の素敵な優しい年配の女性。
言葉はあまり通じないけれど、身振り手振りと私とアキさんの英語で補いあって、
「今日は何時に帰ります」「明日は9時に出発します」など伝えていました。
だんなさんは身体が大きくて冗談が好きな面白い方でした。
家の中には沢山お孫さんの写真が飾ってあり、幸せな家族の匂いがしました。

さて明日からは人形劇の路上パフォーマンスをする予定だぞ!

[PR]
# by ayajijo | 2015-10-13 13:26 | 旅2015 | Comments(1)

<フランス二日目?>

昨夜は中心が柔らかいベッドにアキさんと二人で寝たのだが、
油断をすると中心に落ち込んでしまうため、少し身体を緊張させて端をキープしながら眠った。
その割によく眠れて、早めに起きて街を散策。
b0192991_11413956.jpg
カフェで朝食をとり、セーヌ川添いを歩く。
「まあここは、言えば鴨川やな」by親方
・・・?
なぜか親方とアキさんはこの後もフランスにいるのに、
「この辺は心斎橋っぽい」とか「ここは西宮に似てる」などと、フランスを関西に例えていた。私も一応牛を見て「じゃここは北海道」と意味のない発言をした。

b0192991_11461552.jpg
鴨川の男
b0192991_11492321.jpg
なんかオシャレ風

カフェでのんびりしていると「タバコないか」と派手な女性が声を掛けてきたり、
地下鉄乗っても「切符くれ」と言ってくる若者がいたり、ここはフランス、油断は禁物である。

パリの東駅から14:00発の電車に乗って、
いざ人形劇フェスティバル開催のシャルルビル・メジェール市へレッツラゴー!
(親方が電車を予約してくれていたので、席も皆で向かい合わせで行けました)

?へ続く

[PR]
# by ayajijo | 2015-10-13 11:56 | 旅2015 | Comments(1)